校正・編集についてのガイドライン

<<校正に関するガイドライン>>

〇校正に入っていただく目的
校正に入っていただいておりますのは、
1.初見の読み手さんの視点で、読みづらい点がないかを確認する
2.正しい日本語、わかりやすい日本語の文章を提案する
3.書き手さん・WEBサイト自体の価値をまもる
ことを目的としています。

〇校正後、書き手さんの想いによって修正することについて
文章に対する校正は、書き手さんが想いをこめて書いてくださっている文章への否定ではありません。
より読みやすく、より広く届くことを意図して校正してくださっております。”校正は究極の客観視点” by校正担当です(#^.^#)

校正してくださった文章のままで問題がなければ、校正済み原稿を確認の上、問題がない旨お知らせください。
もし、校正が入っている文章について納得ができない場合は、校正が入っている意図を汲み取り、自分の言葉でいいかえるなど工夫をしていただくことをお願いしております。その場合は校正担当に再度原稿をご提出いただけますと幸いです。

〇関わるすべての人を尊重する
記事の内容や言葉については、書き手さんの作品ともよべる存在だというのは重々承知しています。
けれども、記事によって万が一何か悪い影響が広がった場合に、【ウェブサイト自体、そして他の書き手さんにもその影響は広がる】と思うんです^^

そのため、書き手さん個人に最終的な判断をゆだねるのではなくて、基本的には書き手・校正担当・編集担当の三者合意にて記事を更新することにしております。(実務的な観点から、軽微な修正などについては、書き手さん個人の判断にゆだねる場合もあります。)

校正担当として、責任ある仕事をしていただいている、という観点で考えますと、修正した文章の最後まで校正さんの目は入れていただきたいと思っております。
書き手さんが文章に責任をもっているのと同じだけの分量で、校正さんも責任をもってお仕事に取り組んでくださっていると思いますので(*^^*)

<<企画から原稿更新までのプロセス>>
〇原稿依頼後、初稿提出までのプロセス
編集担当から書き手さんへ大枠の企画意図をお伝えして原稿依頼

打ち合わせ(対面・スカイプなど)を行い
1.この記事を届けたい人はどのような人か?
2.この記事で届けたい内容・価値は何か?(想いもいいのですが、具体的な内容も含めるようお願いいたします)
3.この記事を読んでいただいた後に、どのような行動・読後感をもっていただきたいか?
を企画することをゴールとして話合いをします。

お話合いの内容をもとに、書き手さんによって初稿を書いていただいております。

〇原稿ご提出後、磨き上げるプロセス
書き手さん原稿ご提出

編集チェック
(大枠で原稿の方向が異なる場合はこの段階で一度原稿をお返ししております。OKであれば校正担当へ原稿送付。)

校正チェック

校正済み原稿を編集チェック
(書き手さんが大切にされたい想いなどが校正されすぎていないか、など中立的な視点で確認しております)

書き手さんへ原稿返送・確認
(確認して、問題がなければ問題がない旨編集に伝えていただき、その内容で記事を更新します。校正部分についてご納得いただけない点については、ワードファイルにコメントを入れるなどして、やりとりしていただきたいと思います。)

記事更新

ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。