エナジーって存在するの? 現代社会をスッキリ生きるための、エナジー講座 vol.1

■はじめまして

こんにちは。Maikoと申します。私はかつて、東京でB to BのITプロバイダ企業に勤め、OLライフを楽しんでいました。ところが、2010年頃から満員電車でひどい頭痛に襲われたり、不可思議な出来事に見舞われたりするようになりました。そして、人も物も、実は目に見えないエネルギー(ここでは“エナジー”と呼びます)も多い都会での生活が難しくなり、東京から地方に移住。現在は岡山で暮らしています。ここでは、現代社会を生きる上で役に立つと私が思う、
・目に見えないエネルギー“エナジー”の考え方
・自分でできるエナジーケアの方法
について、書かせていただこうと思います。

■男女の友情とエナジーの共通点とは?

ところであなたは、男女の友情、成立する派ですか?それとも、成立しない派?「エナジーと何の関係が?」とお思いですよね? でも、男女の友情とエナジーの話には共通点がある、と思うのです。なぜならこの質問、異性の友人がいる方は、「成立する」と言い、いない方は「成立しない」と言うことが多いから。エナジーも、感じる方は「ある」と言い、感じない方は「ない」と言う。なんだか似ていると思いませんか?

仮にあなたが、男女の友情は成立しない派だとして。視点をもう少し広げてみてください。世の中には、異性の友人がいる方もいますから、世の中全体で見れば「男女の友情は存在している」と言うことも可能です。ということは、エナジーについても、感じている方がいる以上、世の中として「エナジーは存在している」と言える……と思うのですが、いかがでしょうか?

■実は、空気のように、世の中に存在するエナジー

このように考えてみると、「世の中にエナジーは存在している」と言ってもよさそうです。では、どこに存在しているのでしょうか?エナジーを感じる方の周りだけに存在しているのでしょうか? では、同じく目に見えない空気中の窒素はどうでしょう?窒素を感じる方(そんな方が存在するかはともかくとして)の周りだけにあるのでしょうか?「そんなマサカ……」そうです。見える・見えない、感じる・感じないに関わらず、エナジーは、あたかも空気中の窒素のように、「どこにでも存在している」私はそう考えています。

異性と友達になるのは、私たちの意思の問題ですが、エナジーは、私たちの意思とは関係なく存在している。ここが、男女の友情とエナジーの大きな違い。そして、エナジーを感じない派の方も「エナジーを知っていた方が、何かといいと思いますよ」と私が思う所以でもあります。

■日常の出来事にも、エナジーが関係している?

たとえば、無理をしているわけではないのに、妙にぐったり疲れる。イライラしている人と一緒にいたら、何となく自分もイライラしてきた。特に理由はないのに「何となく嫌な」人や場所がある。その人と会うと、前向きな気持ちになる人がいる。一方で、なぜかぐったり疲れてしまう人もいる。こんな日常のささいなことに、実はエナジーが関わっている。そう言ったら、あなたは驚かれますか? でも、私の体験と体感によれば、どうやら、そうらしいのです。

「そんなマサカ……」と思いますか? そうですよね。私も当初はそう思っていました。けれど、それでは自分が感じること・次々に起こる困ったことの説明がつかない。人間って「分からないこと」に対して恐怖を感じるようにできているらしいのですが、当時の私も、「自分に起きているのに、理解できないこと」に密かに苦しんでいました。

 

■エナジーを感じない方も、エナジーケアでスッキリ!

そんな時、量子力学という分野の「物質の最小単位は素粒子で、素粒子は振動し周波数(波動)を持つ」という理論を知りました。「あらゆるものが素粒子でできていて、波動がある」と考えれば、人や生き物だけでなく、物や場にもエナジーを感じることの説明がつく。学術的な話は分かりませんが、私は「そう考えれば、色々な出来事とその背景が理解できる」と思い、その考え方を取り入れることにしました。

それから数年後、「エナジーを感じない。よく分からない」と言うものの、先述したような症状で困っている方に、素粒子の話をしてエナジーを理論的に理解した上で、エナジーケアを試してもらったところ……「スッキリした!」「楽になった!」と喜んでいただきました。私はこの経験を通して、「エナジーを感じない方にも、エナジーケアは有効」と考えるようになりました。余談ですが、その時の資料が運営部の方の目に止まり、この記事を書かせていただくことになったのも、不思議で素敵なご縁です。

■整理整頓でエナジーを感じてみる

それでは、「あらゆるものにエナジーがある」ことを体感してみましょう。あなたがエナジーを感じない派でも大丈夫。気楽にやってみてください。

もっとも簡単な方法は、整理整頓です。机の上でも棚でも、どこでもいいです。種類ごと、大きさごと、色ごとに整えてみてください。どうですか? スッキリしますよね? 物が整うとスッキリする。当たり前のことですが、これを私は、「物が整うと、物のエナジーが調い、私たちが感知するエナジーが調う、ゆえに体感がスッキリする」と理解しています。

ここで感知と言ったのは、「私たちは本能的に(第六感のような感覚で)エナジーを感じている」と私が考えているからです。つまり、「誰にでも備わった感覚で、それを認知するかどうかに個人差がある」ということ。そう考えてみると、エナジーのことを知り、エナジーケアをすることは、感じる派はもちろん、感じない派にも有効なこと、そう思えてきませんか?

■現代社会こそ、エナジーケアで毎日をスッキリ楽しく

エナジーケアと言っても難しいことはありません。まずは身の回りを整理整頓して、物が整い、物のエナジーが調うスッキリ感を体感するところから始めてみてください。整理整頓が好きで、シンプルライフも実践中、というあなたは、雑巾がけと植物を飾ることを取り入れてみてください。こんまりさんこと近藤麻理恵さん(米TIME誌で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたこともある、片づけコンサルタント)も、「雑巾がけは瞑想タイム」とおっしゃるくらい、雑巾がけは思考や気づきが深まる作業です。植物には物にはない生き生きしたエナジーがあるので、エナジーを感じなくても、自然に癒され元気(という名のエナジー)がもらえます。

さまざまな情報が飛び交い、たくさんの人や物に囲まれて、種々の電波が行き交う現代社会に生きる私たち。だからこそ、エナジーを感じる派のあなたはもちろん、エナジーを感じない派のあなたも、エナジーケアを日常に取り入れてみてはどうでしょう? というのが、私からのご提案です。ここまで読んでくださって、ありがとうございます。次回は日常的にできるエナジーケアのご紹介です。

Maiko
東京にてOLライフを楽しんでいたが、突如、見えないエネルギー=エナジーを感じ始め、不思議体験に悩まされるようになる。その後、岡山に移住。現在は主婦業の傍ら、自らの体験を生かして、エナジーやエナジーケアのノウハウを必要な人たちに伝えている。

ご感想はこちらから。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)