12/22≪冬至≫~ここ最近の二十四節気・七十二候~

お金もかけず、楽に手軽に、お肌を綺麗にする方法があります。知りたいですか(#^^#)?学生の頃読んだ雑誌にあった「節約特集」で見つけたその技は、「電気代を節約するために、日の出とともに起き、日の入りと共に寝る(照明を使わない)」というもの。もともとは節約を目的にしたのに、思わず美肌が手に入った!と書かれていたのが印象的でした。

さて、ここで1つお知らせです! 今回から『ここ最近の二十四節気・七十二候』は、七十二候毎の更新になります!

◆15日ごとにめぐる二十四節気◇5日ごとに進む七十二候。 そのときの季節を、よりリアルに感じらるように、更新を小分けにしてお届けしたいと思います(*^_^*)どうぞお楽しみくださいませ!

 

◆冬至12/22


なぜ、冒頭で突然美肌のお話をしたのかというと、今日が冬至だからです。「1年で最も日照時間が短くなる日」と聞いたことがある方もいると思いますが、なんだかピンと来ないんですよね。だって、ずっと電気がついているんですもの。朝でも夜でも明るいんだから、太陽のことなんて気にしなくても生活をするのに困らない。

でも…美肌生活を送ろうと思ったらそうはいきません! 1年に最も日照時間が長い夏至と冬至とでは、日照時間は全国平均で5時間程度の差があるのです。(最も差のある北海道では、なんと8時間も違うのだとか!!)

ちょっと考えてみてください。いま、あなたは毎日何時に寝ていますか? もし照明がなかったら、その時間に起きていて生活できますか?暗くはありませんか? 仮にその時間から5時間前倒しに眠るとしたら、就寝時間は何時になりますか?

文明が発達したことで、わたしたちは自然光を意識しなくても、ひとまず生活に困らないでいられます。だけど、明かりがあってもせいぜい松明くらいだった昔。太陽が明かりだったわけですから、日の入りと共に眠るのは自然なことだったのでしょう。太陽が生活を照らしてくれていたわけです。

「睡眠を制するものは、人生を制する」と言われます。身体・脳・心の健やかさは睡眠によってつくられるといっても過言ではないと思うのです。冒頭の「節約特集」の美肌体験談が証明しているように――、日照時間、太陽の運行を意識し、ベッドに入る時間を見直してみてはいかがでしょうか?きっと、たくさんの“太陽の恵み”を受けられるはずです(*^_^*) もちろん、“美肌”も♡

眠りは「小さな死」。毎日太陽と共に死に、新たに生まれる私たち。

 

◇冬至(初候)12/21~12/25  乃東生(なつかれくさしょうず)


「乃東」とは夏枯草、ウツボグサのことです。夏至の頃の「乃東枯」に対応する言葉とされています。真冬の枯草に覆われた大地の中に、ぽつんと緑の芽を出しているものを「冬萌(ふゆもえ)」と呼びますが、「乃東生」はまさにその様子を表していることばです。

ウツボグサ

諸説ありますが、冬至の頃は太陽の力が弱まるので「死に1番近い日」とされ、その厄をはらうために、体を暖めるゆず湯の習慣が江戸時代にできたそうです(冬至と湯治をかけているそうです。おやじギャグ。なんだか陽気ですね)。ゆず湯は、ゆずをお風呂にどぼん!とするだけ。お手軽にできることなので、皆様今晩はゆず湯に入ってあたたまりましょう♪ ゆずのさわやかな香りが、厄をはらい、日ごろの疲れやストレスも癒してくれるかもしれません。

柚子のアロマの効能は「リラックスと精神安定」♪

また、冬至にはかぼちゃを食べるならわしがあります。かぼちゃの煮物は簡単に作れますし、スーパーのお惣菜でも手に入れることができます。かぼちゃの煮物って、ほっとしませんか(#^^#)?冬でもこころはポカポカに☆彡

忙しい毎日のなかで、こころの中の「冬萌」の瞬間を作るって大事なことだと思います。まずはゆず湯とかぼちゃで「冬萌」しましょう♪

お読みくださり、ありがとうございます(#^人^#)

 

 

◆◇二十四節気・七十二候とは◇◆

1年を24等分し、約15日ごとに巡ってくる分割点(節気)を含む日、に名称をつけた二十四節気と――、その二十四節気をさらに5日(または6日)ずつの3つ(初候、次候、末候)に分けた期間を七十二候といいます。読みやすさを考慮して、記事のなかでは二十四節気は15日毎・七十二候は5日毎と表記していますが、実際はすこし変動があります。


 

編集後記:ゆずもかぼちゃも、色が明るいのがまた良いですよね(#^^#) 今後は5日ごと更新になるので、記事を通してお会いする頻度も増えます! 今後とも、よろしくお願い致します♪

 

 

 

大村真帆(運営部)
埼玉県在住。食育セミナー/「都会暮らしってどうなの?」をテーマにした座談会/こころとからだを感じる新月カフェなどを主催。セラピストとしても活動していましたが、何にでも興味をもってすぐに活動を始めてしまう「自分」を突き詰めるために、1年間の岐阜での移住トライアル生活を選択。孤独をとことん味わって、現在は関東へUターン☆特技は天使の声が聴けること♪2017年のテーマは意識と意図と時間です。

ご感想はこちらから。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)