toggle
2017-10-08

10/8≪寒露≫~ここ最近の二十四節気・七十二候~

チョン!チョン・チョン・チョン……毎度おなじみ、二十四節季のコーナーでございます♪冒頭の「チョンチョン」は虫の音ではございませんよ。これは幕開けの、拍子木の音でございます。前座はわたくし、運営部の大村が務めさせて頂きます。みなさま、どうぞ、よろしくお願い致しますm(#^^#)m

今回はひとつ、10月8日の体育の日にちなみまして。日本で初めて行われた、運動会についてのお話をさせて頂きます。時は1874年!(明治7年)のことで御座います。今からおよそ150年前。東京築地の海軍兵学寮で行われた、日本初の運動会。

面白いのは種目の名前で御座います。150ヤード走を「すずめのすだち」・幅跳びを「トビウオのなみきり」・高跳びは「ボラのあみごえ」と表しました。ナンデモカンデモ自然のものに形容出来るのがすごいなぁと思います。

旧暦から、現在のグレゴリオ歴へと改暦しましたのが明治5年。日本初の運動会のたった2年前のことですから、「ナンデモカンデモ自然のものに形容」するのは当時の感覚としては普通のことかもしれません。

エー、前座が長くなりました。そろそろ本題へ参りたいと思います。

◆二十四節気・寒露-かんろ-(10/8)

本来は、露が冷たく感じられる頃。という意味。転じて、露が冷気によって凍りそうな頃。また、晩秋から初冬にかけて、草木に宿る冷たい露を指す言葉としても用いられます。朝晩はぐっと冷え込みますが、日中は過ごしやすい時期です。稲刈りが真っ盛りを迎えます!寒露の頃は空気が澄み、星が最も鮮やかに見られます。北の空には「北斗七星」が見られます☆

◇寒露・初候/鴻鴈来(こうがんきたる)10/8~10/12

「がんきたる」とも読みます。ツバメと入れ替わりに、北のほうから日本へ渡り鳥がやってくる頃です。鴈はその代表格☆「雁首(がんくび)をそろえる」なんて表現があるように、群れで生活する鳥です。今でこそ保護鳥とされていますが、江戸時代には冬の味覚とされたのだとか。精進料理のガンモドキは、鴈のすり身をつくねたものに似せてあるから、ガンモドキというそうです(諸説有)。

今年は酉年ですが、十四節気で「鳥」の出番はなんと今回が年内ラストです!!

次に鳥が登場するのは、来年2月上旬の「うぐいすなく」までありません。2017年も残り3ヶ月を切りました。酉年を良い締め括りにできるよう、年内中に済ませておきたいトピックはないか、この時期に確認しておくとよさそうですね(#^^#)3ヶ月あれば、一仕事できそうです☆

◇寒露・次候 菊花開(きくのはなひらく)10/13~10/27

「きっかひらく」と読まれることも。今でこそ年中見られる菊ですが、昔はこの頃にしか咲かない花でした。そのため、菊は俳句の世界では秋の季語になっています。花言葉は、「逆境にいても快活」。寒くなる時期に咲き、実はとてもいい香りがする菊。花言葉はその性質をよく表していると思います♪

◇寒露・末候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)10/18~10/22

「しゅっしゅつとにあり」とも読まれます。秋の虫が戸の近くで鳴く頃という意味です。キリギリスは「ギー…チョン!」という鳴き声が機織りのようだから、「機織り虫」とも呼ばれます。童話「アリとキリギリス」に登場するこの昆虫。図書館でイソップ物語を借りて読んでみたら、「夏の間に歌ってたんなら、冬は踊れば?」というアリの辛辣なお言葉…。原作では、アリはキリギリスを助けないんですね。寓話だから仕方がないけど、キリギリスってそんなに怠け者なのかしら?と思って調べてみたら、夏に歌うのは繁殖のためだそうです。

寒露の時期、夕刻に耳をすますと様々な虫の音が聞こえてきます。本で見ると鳴き声がカタカナで表記されているのですが、聞こえ方って人に寄って異なりますよね。というわけで!キリギリスの鳴き声を聞いてみましょう。「ギー…チョン!」って聞こえますか?

★★キリギリスの鳴き声★★

…確かに聞こえます!「ギー…」だけで終わる場合もありますが、「チョン!」があると分かりやすいですね。さまざまな虫の音から、キリギリスを見つけられたら、ほんのり嬉しくなれそうです(#^.^#)

【編集後記】

冒頭の、日本初の運動会の種目名。1番ぐっ☆ときたのは、「てふ(蝶)のはなおび」が二人三脚だったことです。なんてオシャレなんだ!と感動してしまいました(*^_^*)

今回は前座と本編が長くなりましたので、編集後記はこの辺で。楽しんでいただけましたことをお祈りして、幕引きとさせて頂きます。

(参考:日本の四季と暦、えほん七十二項、10月の絵本、家族でたのしむ日本の行事としきたり)

 

大村真帆(運営部)
埼玉県在住。食育セミナー/「都会暮らしってどうなの?」をテーマにした座談会/こころとからだを感じる新月カフェなどを主催。セラピストとしても活動していましたが、何にでも興味をもってすぐに活動を始めてしまう「自分」を突き詰めるために、1年間の岐阜での移住トライアル生活を選択。孤独をとことん味わって、現在は関東へUターン☆特技は天使の声が聴けること♪2017年のテーマは意識と意図と時間です。
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)