toggle
2017-07-23

●水無月 ~ここ最近の二四節気・七二候~(2017 7/23~8/21)

こんにちは。「こころ♪いきる♪くらし♪」運営部の大村です

桐

この写真のはなが家の近所に咲いていました。これ、何の花だかご存知ですか?

正解は…☆「桐の花」。高級家具に使われる「桐」の木が家の近くにあったことを知りませんでしたが、明日からその木を見る眼が変わりそうです(#^^#)←単純。

桐は今回の72候にばっちり出てきます。みなさまもこのお花を日常の中に探してみてくださいね☆

季節のうつろいを自然の様子に読む、72候24節気。

早速ですが、参りましょう。

 


水無月 2017/7/23-8/21)


【和風月名】 水無月(みなつき)

旧暦六月は田んぼ水を引く月。ということで、「水の月」という意味。

 

**

「七十二候 二十四節気」

7/23~8/2大暑(たいしょ)

暑さの絶頂期。7/25日は土用の丑の日です☆うなぎ!

7/23 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)

7/28土潤溽署(つちうるおうでむしあつし)

8/2~8/18立秋(りっしゅう

暑さは依然として厳しいが朝夕、ほのかに秋の風情が感じられる。

8/2大雨行(たいうときどきふる)

8/7涼風至(すずかぜいたる)

8/12寒蝉鳴(ひぐらしなく)

8/18蒙霧升降(ふかききりまとう)

※見やすさを考慮して、二四節気には色をつけ、七二候の解説を省略しました。


編集後記

いかがでしたでしょうか?。

暑いなー!!なんて思っているけれど、8/7頃から朝夕秋めいてくるなんて…なんだか信じられないです。でも、天気予報を見るまでもなく、気候の移り変わりの目安を前もって知っておくと、なんだかちょっぴり心に余裕が生まれそうな気がしました(#^^#)

月の満ち欠けと動植物に季節を見出す時間の読み方。

時計の針が、植物や気温の在り方だなんて、すてきでおしゃれですよね!

それでは、また来月にお会いしましょう。

 

 

■この記事の著者:こころ♪生きる♪くらし♪運営部

沢山の方にご寄稿頂くことでこのWEBサイトは成り立っています。

私たちの、等身大の現在進行形の暮らし。

「こころ♪生きる♪くらし♪」は、 自分の「こころ」を満たしながら、 等身大の自分自身から、社会の役に立って「生きる」。 受け継がれてきた日本の美しさや豊かさを現代的にアレンジして「くらし」ていく。 そんなコンセプトで、体現されている人を紹介したり、ヒントをシェアしているサイトです。

◆毎月テーマ記事や連載の寄稿にjoin♪したいと思われたら、まずはこちらから①お名前②ご自身のブログやSNSのURL③寄稿したいと考えられてる記事の内容を簡単に書き添えて、お問合せください。

◆更新タイミングは 『新月・上弦・満月・下弦』です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です