toggle
2017-06-17

【Column】Hello My First Baby!! vol.3スピード安産だった私のマタニティライフ☆

こんにちは。清 一葉です。

緑の美しい季節が始まっていますね♪

晴れた日は、親子で森林浴へでかけています。

特に雨の降った翌日は、空気もいっそう清々しくて、たっぷり水を吸った木々達が嬉しそう!
そんな森の中にいると、心も体も浄化されますよね〜☆

19183974_1399641023451763_1087729603_n

お休みの日に親子で森林浴へ。赤ちゃんも気持ちよいのかすぐ寝ちゃいますzzz

去年12月に男の子を“スピード安産”で出産した私から、安産に向けて、妊娠中や妊娠前から心がけ実践していたことを、連載にてお届けしています☆

前回は、つわりなどで体調の優れない妊娠初期を、少しでも楽しく快適に過ごし、出産モチベーションをアップ↑↑するコツ☆についてお話しさせて頂きました。

今回は、妊娠中期&後期の安定期、臨月前の時期について。
この時期は、日々ちょっとづつ大きくなっていくお腹に、心はますますママモードに☆
体の方も、体調が安定してきて、安産に向けて本格的に体力づくりができる時期です☆
この時期に私が実践していた、出産へ向けた心と体の準備、そしてお腹の赤ちゃんやパートナーとの関わり方をお話しさせて頂きますね!

○ ヨガとウォーキングで体力づくりスタート!
〜妊娠中のエクササイズは、お腹の赤ちゃんとのコミュニケーション♪〜

つわりは、個人差はありますが、だいたい妊娠5ヶ月目位に終わることが多いようです。
私も、“いったいこの気持ち悪さはいつ終わるのー!??”と嘆いていたつわりが、妊娠4ヶ月目のある朝、目覚めると、“あれ!全然気持ち悪くない!!”、と突然終わっていました。
この日から、いわゆる安定期に入ったと思います。

“さっ出産に向けて体力作りを始めよう♪”っと、まず、ウォーキングを始めました。
街中に出かけたり、近所の大きな公園や大学のキャンパスをぶらぶら♪したり。
ちょうど初夏だったので、歩くのも気持ちよい季節でした☆

19197884_1399641300118402_182567028_o近所の、新緑の美しい大学のキャンパスをぶらぶら♪

そして週1のペースでマタニティヨガにも通い始めました。
お腹が出てくると、体の重心やバランスがずれてきます。
マタニティヨガは、このずれを正しい位置に戻してくれるので、体が整いとっても楽になるんです♪

つわりの頃は、寝て過ごしていたり体重も減ってしまうので、体の基礎体力も無くなっています。だから、体力作りも、最初からスパートをかけずに、ウォーキングやヨガ、水泳等、体に負担をかけないものから始めると良いと思います。
そして体を整えてから、体の様子を見ながら、運動量を増やしていければいいのかな、と思いますよ。

妊娠中のエクササイズが大事なのって、母体の基礎体力作りはもちろん、お腹の赤ちゃんとのコミュニケーションでもあるからだと思います☆

私は良く赤ちゃんに語りかけていました。
散歩しながら、“もうひまわりが咲いてる♪そろそろ夏だね!”とか“風が気持ちイイねー!”って赤ちゃんに話しかけて、一緒に季節の移ろいを感じたり。

19184390_1399641166785082_717973393_n道端に咲いていた大きなひまわり。
妊娠中って季節の変化にも敏感になるみたいで、道端のお花達がとっても愛しくなっちゃうんです♪

ヨガや瞑想をしながら、目を閉じて、羊水の中にぷかんっと気持ち良さそうに浮かぶ赤ちゃんをイメージしたり。

歩いていてお腹が張って来た感じがしたら、少し立ち止まり、赤ちゃんに“苦しいかな?休もうね”とお腹をなでなで。調子が戻って来たら、“もうちょっとお散歩しよっか♪”とまた歩いて。

赤ちゃんのための運動だから、“1日絶対何時間歩く!”とか決めずに、赤ちゃんに“気持ち良いかな〜?”“今日はここまでにしておく?”と様子を聞きながら、体を動かしていました。コミュニケーションをとると、ますますお腹の赤ちゃんを感じられて、内側からじわじわと幸福感がわき上がってくるんです☆
母子の一体感が高まるにつれて、 “きっとこの子は安産で出て来てくれる♪”っていう赤ちゃんへの信頼&母体への自信もうまれていった気がします。

○ 体が整ってきたら、産む力を高めるエクササイズも取り入れて
〜トレッキング&ながらスクワット、バランスボールで筋力トレーニング〜

体力がついてきたら、母体の産む力を高める様な、下半身の筋肉を鍛えるエクササイズへ移行すると良いかと思います。

私の場合、近所のお散歩では物足りなくなって来たので、毎日のように、電車で15分ほど離れた場所にある、原生林の残る大きな森林公園へ行ってトレッキングをしていました。
月に何度かは、体の様子を見ながらですが、登山もしていました!

何かあっても大丈夫なように、携帯の電波が届かない様な場所や、人気の無い山奥(!)、等にはもちろん行きませんでしたが、ワイルドな自然に包まれ歩いている方が、赤ちゃんもよりリラックスできる様な気がするんですよね☆

19125493_1399641296785069_1024635892_oマタニティワンピでトレッキング(笑)

19125945_1399641433451722_1316559122_o19198356_1399641346785064_1205990672_n19184029_1399641336785065_1154384361_n
初夏から臨月に入る秋まで、毎日のようにトレッキングをしていた、自然の美しい森林公園♪

お家でも毎日マタニティヨガをするようになり、リラックスのためのポーズだけではなく、体に少し負荷をかけ筋肉をつけるようなポーズも増やしていきました。

色々なエクササイズの中でも、特に、骨盤周りを鍛えるスクワットは、骨盤を広げ、産道や骨盤底筋をしなやかにするため、安産につながりやすいと言われています。

理想は1日300回!とも言われていますが、そういうストイックなトレーニングは続かない性格なので(笑)、“ながらスクワット”をやるようにしていました。
トイレ掃除やお風呂掃除、ぞうきんがけや洗濯もの干しなど、腰を落としてしゃがみ込むことを意識して家事をやると、自然とスクワットの動きができ、足腰が鍛えられます。
そしてお家もピカピカ♪に

こういう一石二鳥のエクササイズって、モチベーションが上がって、続けられますよね!!

“番外編”としては、バランスボールもおすすめ♪
座ってぽーんぽーんとはねるだけなのに、体のバランスを整えて腰痛を和らげたり、足腰の筋肉の強化にもつながり、楽しく筋トレできます♪
それに、出産後も、赤ちゃんをあやすときに使えるんです!
赤ちゃんを抱っこしてバランスボールに座り、優しく上下に跳ねると、この揺れが気持ちよいのか、赤ちゃんがうとうと寝てくれるんですよ!
お家に1つあると、とっても重宝しますよ!

助産婦さんから聞いたのですが、骨盤周りの筋肉を鍛えると、会陰がしなやかになっていくので、会陰を切らない出産にもつながるみたいです。
私は会陰マッサージはあまりやらなかったけど、会陰切開をせずにお産ができたので、これらのエクササイズで筋肉が鍛えられたおかげかな、と思っています。

赤ちゃんに聞いたり自分の体の様子を見ながら、無理せず行えば、妊娠中でもできる限り体を動かした方が良いと思います。
大きくなるお腹を支える筋肉がついて体が整うし、何より母体の生命力を信じることができるので、安産をイメージしやすくなりますよ☆

19179457_1399641443451721_2099175786_o暑い日は海でも泳いでいました♪
もちろん無理はせず、体も冷やさないように気をつけながら、ね☆

○ ヨガで呼吸のトレーニング
〜力の抜き方を身につけて、自由自在なカラダに☆☆〜

母体の“基礎体力づくり”、“産む力を高めるエクササイズ”、に続き、安産へ向けた体づくりの最後のポイントは、“呼吸”です。
といっても、“○○法”といった呼吸法を練習したわけではなく、私の場合、ヨガが呼吸のトレーニングになったみたい。

ヨガでは、体を動かしながら、どんなきついポーズの最中も、息を止めずにゆったり腹式呼吸をします。

この“深く息を吐くことで体の力を抜いていく”、という感覚をつかめたことが、安産につながったと、産後、助産婦さんに言われました。

陣痛の時には、子宮が収縮するので、断続的な痛みが走ります。
痛みを感じたときに息を吐き体の力を抜いてリラックスさせることで、陣痛が遠のくことなく早く進み、スムーズに子宮口が開いていったようです。

分娩時も、ずっといきむのではなく、赤ちゃんの進み方に合わせて、呼吸を使って母体の力を抜いたり加えたりすることで、赤ちゃんに無理の無いお産ができたみたいです。

“基礎体力づくり”と“産む力を高めるエクササイズ”で母体の生命力を高め、“呼吸”でその力を自由自在に操れるようになる。そのおかげで、お腹の赤ちゃんの状態に合わせ、母体の自然な力で分娩する、“自然なお産”を実現できたのかな、と思います!

初めて助産院を訪れたとき、助産婦さんに、「“自然な力で産む”っていうのは、ただ漫然と流れに任せることではなく、母体と赤ちゃんのペースを守りお産を進めていくための、母体のしっかりした準備が必要よ。富士山に登る!と思って、体づくりをしてきてね。」と、言われました。

振り返ると、我ながら、“大きなお腹を抱えてよくもこんなに体を動かしていたな〜!!”と驚きます(笑)が、この助産婦さんの言葉で気持ちが引き締まり、アクティブマタニティ街道まっしぐら〜!!に突き抜けられたのではないかと思います☆

○ 食事を工夫して、妊娠前より健康に♪
〜青菜に乾物、鉄のフライパンで貧血体質が改善☆〜

妊娠中は、赤ちゃんに必要な酸素と栄養を送り続けなければならないので、貧血になりやすいと言われています。

私はもともと貧血体質だったので、妊娠中の食事では、特に鉄分を意識して取り入れるようにしていました。青菜に小魚、ひじきはもちろん、切り干し大根や高野豆腐などの乾物も鉄分が多いことを知り、多用していました。
ひじきや切り干し大根は、水やお湯で戻した後、美味しい梅酢に漬けて冷蔵庫に常備すると、とっても便利ですよ。青菜のおひたしやサラダやナムルなどに乗せて、さっぱり美味しくすぐ食べられます☆

また、炒め物には鉄のフライパンも使いました。
最初は、“具材がくっついて使いづらいのかしら。。”と心配していましたが、始めに野菜の切れ端を炒め油をなじませておいたり、最初の数回は油を多めにして調理すれば、具材もくっつかなくなっていきます。
使えば使うほどに油がなじんでいくので、使いやすくなっていきますよ。
使い終わったらさっとお湯で洗って乾かすだけ、実はとても簡単です☆

プロの料理人が使う様な重くてがっしりした鉄のフライパンではなくても、軽くてコンパクトなタイプのものなら、ネットで数千円から購入できます。

貧血に悩んでいる方は、ぜひ使ってみてください☆

こうして食生活を意識して変えていったら、妊娠中貧血を感じることなく過ごせました。
それどころか、妊娠中の妊婦検診では、何度か血液検査をするのですが、その検診の度に赤血球の量が増えていったんです!病院や助産院で貧血を心配されることもありませんでした。

赤ちゃんのおかげで、妊娠前より健康体質に改善されていったみたいですね☆笑

19141898_1399641330118399_127488475_n

19197497_1399641260118406_1343253551_o

19198233_1399641353451730_430792981_n
外出する時のランチは“安心で美味しく♪”と、「青い空流れる雲」でとっていました。玄米&色の濃いお野菜たっぷり!のランチプレートやお弁当で、栄養をチャージ☆☆

○ パパモードも全開にしましょうね!
〜パートナーには、積極的に赤ちゃんに話しかけてもらって♪〜

胎児の五感の成長において、まず最初に発達するのが“聴覚”だそうです。
妊娠3ヶ月で内耳がほぼ完成するため、3、4ヶ月から音を感じ取ることができ、その後6ヶ月位になると、音を聞くことが可能になるみたい。

ですから、妊娠中から、ママがお腹の中の赤ちゃんに歌を歌ってあげたり、語りかけるのは、赤ちゃんをリラックスさせたり、ママとの絆を深めるのにとても効果的ですよね。
今日の楽しかった出来事を共有したり、産まれて来た赤ちゃんにしてあげたいことを伝えたり、たくさん話しかけてあげると、赤ちゃんも嬉しいと思います。

私は、夫にも、お腹の赤ちゃんにたくさん話しかけてもらっていました。
夫は、最初恥ずかしがっていたので、“パパは今日何を食べましたか?”“赤ちゃんが大きくなったらどこへ連れて行ってくれますか??”なんてインタビュー形式にして、会話に巻き込んでいましたよ☆笑

きっと、お腹の中にいる時からパパの声が届いていれば、産まれて来た赤ちゃんは、パパを大好きになってくれると思います。そうすると、パパもますます赤ちゃんが可愛くなって、その後の育児もスムーズになるんじゃないかな、と思います。

女性が、十月十日じっくりお腹の中で育っていく赤ちゃんを感じ、ママの気持ちになっていくのに対して、男の人は、産まれるまではなかなか父親の実感がもてないかもしれません。
ぜひ、パートナーには積極的に赤ちゃんに話しかけてもらって、パパモードを開いていってあげてくださいね!

19114699_1399641466785052_1124342499_n
妊娠9ヶ月の頃。夫と安産祈願へ♪

以上、今回は、妊娠安定期についてお届けしました☆

来月は、“いよいよ出産まで1ヶ月!ラストスパート!”の“臨月時期”についてお話しさせて頂きますね。

最後までお読みくださってありがとうございます!

 

☆一葉さんに、プレママ&子育てライフに関して、ご質問がある方はお気軽にコメントください♪
☆一葉さんの過去の記事はこちらから。

清一葉
30代。札幌で生まれ、神奈川で育つ。東京の大手企業に務めた後、結婚してからは、中国で暮らす。帰国後は、外国人向け観光ガイドとして働きながら、札幌のオーガニックヴィーガンカフェ「青い空流れる雲」に勤める。 2016年12月に男の子を出産。出産と子育てを機に、“地球と人に心地よいアイテムを広めていきたい♪”という思いがますます強くなり、現在、プリンス☆の子育てに邁進しながらも、オーガニック食材や竹布など天然素材の衣類や雑貨を紹介・販売している。
タグ: ,
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)