toggle
2017-06-09

【column】人に楽しんでいただきながら、ものづくりを仕事にしていくVol.3 “自分らしさをものづくりで表現するには?”

こんにちは。第三回の寄稿をさせていただきますEsnes Nommoc(エスネス ノモック)です。

詳しい私のプロフィールにつきましては第一回をご覧いただけますと幸いです。
私の記事では、”ものづくりを通して、自分らしさを表現すること”
だったり、
“人に楽しんでいただきながら、ものづくりを仕事にしていくこと”
こんなことをお伝えできたらと思っております。

前回は“自分らしさを見つけるには”という事について、私なりの考えを書かせていただきました→ 第二回“ものづくりに必要な自分らしさを見つけるには”

第三回の今回からは、作家さんもしくはこれから作家さんになりたいという方向けに、
“自分らしさをものづくりで表現するには?”さらにはそれを“仕事にしていく”方法について考えていきたいと思います。

さて、ものづくりに必要な自分らしさとは何だろう…それが前回から、ちょっとづつでも見えてはきましたでしょうか。

例えばそれから何か作品が生まれたとして、それを

1、もっと作品を増やしたり、ブラッシュアップしたい。
2、表現に見合った価格をつけて、売っていきたい。
3、できたらそれを…仕事にしていきたい!

そんな方もきっといらっしゃるかと思います。

ではどうしたらその作品をブラッシュアップして、表現に見合った価格をつけて、仕事にしていけば良いのでしょうか…。

こうして皆様にお伝えしている私も、アクセサリーを作り始めてから日々そればかり考えては、試行錯誤をしてまいりました。

そこで私が行ってきた方法の中で、大切だと思っているポイントを3つご紹介してまいります。

ポイントその1…自分の作品を増やしたり、ブラッシュアップするには→いろいろなクリエイターさんやブランドを細かく研究する
 
ポイントその2…表現に見合った価格をつけるには→作品一つ一つに“自信を持たせてあげる”。その価格の理由をわかりやすくしたり、付加価値をつけていく。
 
ポイントその3…ものづくりを仕事にするには→色々な場所のイベントやお店に出展をしたり、SNSで色々な方に知っていただく

というものです。

当たり前のようなことを並べておりますが、実際はあまり深くはされていない作家さんも多い気がしています。ですがこれらは非常に奥が深く、大切な事だと思っています。

まずは、ポイントその1についてです。

他ブランドやクリエイターさんを研究するだけでも、山ほどの気づきがあります。気づきの例を挙げますと

“ブランドコンセプトやメッセージ”
“作品、台紙、ディスプレイのデザイン”
“作家さんのスタンス、立ち振る舞い”
“どんな付加価値をつけているか”
“価格の付け方”
“普段どんな場所へ出展しているのか”

etc…たくさんの気づきがあるかと思います。

その中でも、ブランドコンセプトやメッセージはとてつもなく大切です。それが会社でない限り、コンセプトやメッセージはクリエイター個々の“心”や“その方らしさ”になると思うからです。自分以外のコンセプトを研究する事で“コンセプトは自由でいいんだ” とか、“こんなコンセプトだから人を惹きつけるんだ”とか…コンセプトの奥の深さ、大切さに気づくことができます。

次に大事だと思うのは、作品や台紙のデザインでしょうか。その人らしい作品や台紙を作る事はとても大切で、お客様にブランドを覚えてもらうのにはここは沢山研究した方がいいかと思います。

esnes3

↑ちなみに私のブランドTears&Balloon.のブローチ(作品名:Hydrangea)です。台紙の柄は自分で撮った写真を使い、ブランドコンセプト“物語を連れていく”に沿って、作品をイメージしたタイトルと文章を添えています。

そしてブランドや作家さんの研究をしながら、忘れないようにメモをしていきましょう。

街の雑貨屋さんを見ながら、スマホのメモアプリにひたすらメモをしていってもいいかと思います。落ち着いた時間にメモを見返して、自分の中のアイデアノートに貯めていきましょう。

貯まったアイデアは、いつかちゃんと役に立つ日が来ます。

ちなみに他のブランドや作品を知っておくことは、似た作品を作ってしまいトラブルの元になるといった事も防ぐことにも繋がります。

“オリジナルを作ることは、他のオリジナルを知ること”から始まったりするのです。

 

…いかがでしたでしょうか。

これらの事を、今まであまり深く見てこなかったかも…という方は、一度他のブランドやクリエイターさんを研究してみてはいかがでしょうか。

きっとお近くの雑貨屋さんにも、尊敬したくなるような素敵なブランドが並んでいると思いますので。

そして、次のポイントその2ですが…ごめんなさい、また長くなってしまいますのでそれは次回に書かせていただきますね。

第三回も最後までお読みいただき、本当にありがとうございました^ ^

 

Esnes Nommoc

esnes4

クリエイター(神奈川/東京)

Amazonデジタル絵本1位。
2016年東京デザインWEEK100人展選出。
"物語をつれていく" がコンセプトのアクセサリーブランド
"Tears & Balloon."香港・東京・大阪etcで展開。
他ディスプレイ・アートのお仕事等。

2017年は国内をはじめ香港/パリ/台湾/へ出展予定。

作品販売:https://minne.com/@tearsballoon/profile
インスタグラム:https://www.instagram.com/esnes_tears_balloon

Esnes Nommoc
クリエイター(神奈川/東京)
Amazonデジタル絵本1位。
2016年東京デザインWEEK100人展選出。
"物語をつれていく" がコンセプトのアクセサリーブランド
"Tears & Balloon."香港・東京・大阪etcで展開。
2017年インテリアブランド"狼がいた部屋。"立ち上げ。
他ディスプレイ・アートのお仕事等。
2017年は国内をはじめ香港/パリ/台湾/へ出展予定。
作品販売:https://minne.com/@tearsballoon/profile
インスタグラム:https://www.instagram.com/esnes_tears_balloon
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)