【Column】季節を楽しむお手軽ごはんvol.1~とろける新玉ねぎの参鶏湯~

今月から旬レシピをお届けさせていただくことになりましたはなです。
どうぞよろしくお願いします。

すっかり季節は新緑。
生き生きとした新緑の色と、
花々もきれいで過ごしやすい良い季節ですね。

一方、新生活がはじまり少し緊張がゆるんだり、気温の寒暖差で実は体調を崩しやすい季節。

そんな季節に少しゆっくりからだとこころをあたためる旬ごはんをご紹介します。


とろける新玉ねぎの参鶏湯

unnamed (1)

新玉ねぎの柔らかさと甘さがとろける
簡単参鶏湯(サムゲタン)です。

数年前、本場韓国の有名店で食べた参鶏湯は
からだの芯まであたたまり、
滋味あふれるスープがとっても美味しくて
これ食べれば風邪もすぐ治るなぁと実感しました。ちなみに韓国では夏バテ防止に食べるそう。
しかし、いざ作るとなると鶏一羽から本格的に作るなかなか敷居が高い本場レシピ。

今回は仕事帰りの疲れたときでも作ろうと思えるよう、最小限の材料、工程です♪

とろける新玉ねぎの参鶏湯

○材料(2人分)
新玉ねぎ      1〜2個 (皮をむいたもの)
鶏手羽元      4〜6本
お米(あればもち米)            大3
しょうが    ひとかけ(千切りorすりおろし)
にんにく    ひとかけ(包丁で軽く潰す)
ごま油        小さじ1

☆酒              大3
☆水               700cc
☆塩               小さじ1
ブラックペッパー お好み

○作り方
①鍋にごま油をひき、鶏手羽元を入れて表面が色付くまで軽く焼き、ニンニク、しょうがを加えて少し炒める。
②新玉ねぎ、お米、☆を全部鍋に入れて中火にかける。(新玉ねぎは丸ごと加えてもOK)
③沸騰してきたら弱火にし、アクや油を少しとって、コトコト30分〜40分煮込んで出来上がり。

仕上げにお好みでブラックペッパーを。
味見をしてお好みの塩加減に調整してください。

ゆっくり煮込む間に一息ついたり、
お風呂に入ったり、家事をしてみたり。

そうこうしているうちに出来上がり。
塩だけの味付けとは思えないほど旨味たっぷりに仕上がります。

お米も少し入っているので、
軽く食べたいときにはこれだけでも。

一度冷ますと旨味が具材に染み込みまた美味しくなります^ ^

ポイント
◦お塩は天然塩がおすすめ
◦新玉ねぎの季節以外は長ネギやカブを使用しても♪
◦キノコ類を追加するとグアニル酸により旨味UP
◦パクチー&レモンを仕上げに添えてエスニック風に、疲労回復には梅干しをトッピングしたり、一味変えるのも楽しいです♪

新玉ねぎのとろける甘さとコラーゲンたっぷりのスープをあつあつでぜひ召し上がってみてください♪

 

甘酒のすすめ


またそろそろ甘酒の美味しい季節が近づいてきました。
江戸時代は夏の季語になるほど、
日本人が大切にしてきた飲み物です。
最近はスーパーで甘酒コーナーができるほど一般的になりましたね♪

成分や効果を考えると加熱処理された市販品より手作りの甘酒がおすすめ。
飲む点滴や美容液とも言われています。
なんと100種類以上の酵素に、
某有名化粧品にも使われている
美白効果のあるといわれるコハク酸、
ビタミンB類をはじめ、
腸内環境に良いオリゴ糖に食物繊維と、
たくさん栄養素が含まれています。

特に酵素は熱に弱いものが多いので、酵素を取りたい場合は手作りがおすすめ。

ブドウ糖の補給としては市販品でもいいかなと個人的には考えています^ ^

手作りの場合はヨーグルティアで簡単に作っています。
最近はほかにも色々な甘酒メーカーがでていますね。
(炊飯器や魔法瓶などでも作れますがわたしは失敗なく簡単に!を優先しています♪)

作り方は
炊いたごはん→水→麹の順番にいれて
8時間セットするのみ。

実は慣れてくると目分量なことも。
多少いいかげんでも
ちゃんと出来上がるのもいいところです。

出来上がった甘酒は優しいのにしっかり甘い。すっとしみわたる甘さ。

おすすめの飲み方はフルーツ甘酒です。

unnamed


この時期の旬の甘夏などの柑橘類や
キウイとあわせると、甘みと酸味のバランスがとれてとても美味しくなります。
美味しくてついつい飲みすぎてしまいがちですが、1日200mlくらいを目安に♡
甘酒の作り置きがある場合、サムゲタンの鶏手羽を甘酒に漬けて一晩醸(かも)しておくと鶏肉が柔らかくなり食べやすくなります♪


そして、来月は旬野菜がたっぷり食べれる
アンチョビ、牛乳いらずの
簡単ベジバーニャカウダをお届け予定です。
季節の梅仕込みも楽しみです。

次回も楽しみにしていただけたらうれしいです、お読みいただきありがとうございました。

 


わたなべ はな

unnamed (2)
フードスペシャリスト
醸せ師
栄養士過程修了
ゆるベジプロフェショナル

食べることが大好き。
ごはんはシンプル簡単に美味しく。
旬や伝統の良さをとりいれて
ゆるっとお手軽ごはん♪
こころとからだがhappyになる食事を提案。

みんなで楽しむ、つなぐ
料理の会や発酵の会も企画予定です。

わたなべ はな
フードスペシャリスト/醸せ師/栄養士過程修了/ゆるベジプロフェショナル

食べることが大好き。ごはんはシンプル簡単に美味しく。旬や伝統の良さをとりいれてゆるっとお手軽ごはん♪こころとからだがhappyになる食事を提案しています。
みんなで楽しむ、つなぐ料理の会や発酵の会も企画予定です。

ご感想はこちらから。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)