toggle
2017-02-26

●旧暦二月 ~ここ最近の二四節気・七二候~(2017 2/26~3/27)

こんにちは(*^_^*)「こころ♪生きる♪くらし♪」運営部です。
「ここ最近の二四節気・七二候(にじゅうしせっき・しちじゅうにこう)」と題して、毎月更新の記事が1つ増えました!

momo3

旧暦と新暦

実際に二四節気・七二候を覗いてみる前に、旧暦と新暦について少しばかりお話をさせて下さい。

日本では、明治5年(1873年)から私たちになじみ深い新暦(グレゴリオ歴)を採用しています。
ざっくり言うと、数字で時間をみる見方です。
一方、それ以前まで使われていた旧暦は、月のリズムと動植物や自然の在り方に時間を見出します。森羅万象の流れの中で、私たちは生かされている命なのだということを感じることができる時間の捉え方と言えるのではないでしょうか。

旧暦時間での運航

季節の移ろい、命の巡り、月の満ち欠け・・・
昔の日本人が感じていた旧暦という『時のリズム』にふれる。

そんな時空間になれば、との想いから「こころ♪生きる♪くらし♪」では旧暦でWEBサイトを運航しています。

…かといって、旧暦運航をすることで
かつての日本に戻ろう、ということを伝えたい訳ではありません。

私たち運営部は、現代的な、高度な技術や物質的豊かさを大切にしながらも、
これからの未来に対して、本質的に豊かで美しい日々やものを編んでいきたいと思いながら
毎日の暮らしを重ねています。

日本人が受け継いできた、美しさや豊かさに対する感性は
現代においても古くなく、普遍的に大切なことがつまっていると思っています。

そう考えて、旧暦という時のリズムにふれることで
日本的な美意識や豊かさへの感受性を
より一層、意識し磨いていくこと出来るのではないか?と考えて旧暦運航としております。

また、現代社会は沢山の情報であふれかえっています。
自分自身の感覚を中心軸にして生きることを大切にしてほしい
という想いを込めて、更新タイミングは月4回。
月のリズムにしたがって『新月・上弦・満月・下弦』に行っています。

旧暦二月(2017 2/26~3/27)

さて、前置きが長くなりましたが、旧暦二月。

2017年2月26日(日)の新月●は、旧暦二月一日に当たります。

旧暦では、新月ごとに新しい月を迎えます。(まさに新月!)それでは、旧暦二月の二四節気・七二候を覗いてみましょう。和風月名という、日本オリジナルの月の呼び方もすてきです。

※旧暦は漢数字(一、二、三)・グレゴリオ歴は英数字(1、2、3)で表記します。

【和風月名】

如月(きさらぎ):肌寒い季節に寒すぎて、服(衣)を重ねるため「衣更着(きさらぎ)」と呼ばれることから。

 

2/26(新月):二月一日

2/28:草木萌動(そうもくめばえいずる)

啓蟄 3/5~3/20頃 今まで冬ごもりしていた虫類が土の中から出てくる。地上の草木も芽を出す頃。

3/5:蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

3/10:桃始笑(ももはじめてさく)

3/12(満月)

3/15:菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

春分 320/~4/4頃 この日を境に昼が長くなる。本格的な春のおとずれの頃。

3/20:雀始巣(すずめはじめてすくう)

3/25:桜始開(さくらはじめてひらく)

3/27:二月三十日

3/28(新月):三月一日

 

編集後記

いかがでしたでしょうか?

日本語の美しい響きにうっとりとしませんでしたか(#^^#)???

見やすさを考慮して、二四節気には☆星マークと色をつけ、七二候にはあえて第何候かは記さず、その解説も省略しました。

読みの音と漢字から、想像するのも楽しいものです。

旧暦だと二月が三〇日間あるのも新鮮!

面白いですね、二十四節気・七十二候。

このページを通して、あなたのこころがすこしでも春めき、桃色にふんわりと染まることができますように。忙しい毎日のなかでもこころに染みる、一杯の暖かいお茶のような、ほっとする憩いの空間になりますように。。。

 

■運営部メンバー

mini_160323_1633

左から夏子・美央・真帆

運営部はたったの3人(いまのところ。)

沢山の方にご寄稿頂くことでこのWEBサイトは成り立っています。

私たちの、等身大の現在進行形の暮らし。

「こころ♪生きる♪くらし♪」は、
自分の「こころ」を満たしながら、
等身大の自分自身から、社会の役に立って「生きる」。
受け継がれてきた日本の美しさや豊かさを現代的にアレンジして「くらし」ていく。

そんなコンセプトで、体現されている人を紹介したり、ヒントをシェアしているサイトです。

毎月テーマ記事や連載の寄稿にjoin♪したいと思われたら、
まずはこちらから①お名前②ご自身のブログやSNSのURL③寄稿したいと考えられてる記事の内容を簡単に書き添えて、お問合せください。

更新タイミングは
『新月・上弦・満月・下弦』です。旧暦運航。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です