toggle
2017-02-04

睦月テーマ「子育て」@上弦|手放したいことはなんですか?

あれもこれも、と欲張らずに一呼吸。今年手放したいことはなんですか?

子どもたちと過ごす毎日は、とてもにぎやか。楽しく幸せに感じる一方、家族ゆえに、距離が近くなりすぎて言い過ぎたり、イライラしたりしてしまうことも。

今日は私が今年決めたひとつのことと、それについての気づきをご紹介します。

手放す宣言

koma2

お正月の雰囲気も残る成人の日のころ。
ママの垣根を超えて話せる仲間たちと集合。

再会の話題は、「今年こそ手放すと決めたこと」

「自分や子供への言い訳」
「子離れ」
「人と比べること」
「パートナーへの余計なひとこと」
など出たのはたくさんの手放したいもの。

私が出したのは、子どもたちにかけてしまうこのことば。

それは、

「はやく」。

結果は願っているのと逆のこと?

朝の登園・登校前。寝る前のしたく。思い描く時間が近づくと焦ってイライラ……。声もだんだん大きく早くなり「ねー、はやく! 」「はやくって言ってるよね! 」

……

こんなはずじゃなかったな。

気持ちよく過ごしたいのに、これじゃあ逆だ。

私の思うとおりになれば満足するわけでもないのに……。

言ってしまうのはどんなとき?

いつからだろう。
一分一秒も惜しい会社員時代。
あの電車を逃したら、遅刻。でも特急に乗って走ったら間に合うかな?
着いたら、あの企画を考えて、この決裁を回して……。

時間に追われるように感じられる毎日。職場でも家でも限られた時間でなんとかこなそうと、段取りばかり考えていた。その時に「はやく」といっていたのは確か。

会社員ではなくなった今、分刻みの予定もほとんどない。自分にも周りにもゆとりをもって向き合えるいい機会、と思っていた。

それなのに、自分の中で突然わきでた「あれもやっておきたい!」「これもやるべき」という気持ちにとらわれた時は、焦る一方。支度をしていた子どもが部屋の隅のおもちゃに気を取られたことも見逃さずに、「ねえ!」とかみつくようにつっこんでしまうときも。

でも実は「はやく」が出るときは、私自身が見積もりが甘かったことを後悔して、「はやく」と自分に言いたい時なのだ。

「いま、ここ」を見つめてみよう

こんなことを言ってくれた人がいた。

「子どもって「今」を生きているよね。だから、気になったことはすぐやってみたくなる。大人は先を思ったり、過去を思い返したりすぐしちゃう。ペースがずれているから、イラッとしちゃうときあるんだよ。」

確かにそう。

「はやく」って言っている時は、私の意識は「いまでなく、ちょっと先」そして「ここ、ではなく、別な場所」にいる。

そこで、出かける支度の途中に、思いついたように遊び始めた子どもたちを観察してみた。

観たばかりの寸劇のオチのマネをしたのに、我慢できずに自分が笑っちゃう兄。それでも弟はゲラゲラ大笑い。

「すっかりなりきっている! 細かいところまですぐ覚えちゃうなあ」
「2人ともマンガみたいに目が細くなって笑っている! とっても楽しそう」

見逃している子供の表情が見えてきた。

なんだ、ちょっと待って声をかけて出発しても、出かけるのは焦っていた時と同じ時間。

狭くなっていた視野がちょっと緩む。

あなたにとって、子育ての中で手放したいことはなんですか?

私が「はやく」を手放したいといったとき、周りからは「ああー」という声もちらほら。

「『はやく』って言って早くなるならいいけど、言ったところで実際はそんなに変わらないよねえ」という厳しいつっこみも。

焦っても焦らなくても、待つのは同じ1分。

今年は先の時間、他の場所にばかり気持ちを置かずに、自分が大事にしたいと思っている時間こそ、大切に感じられる時間を増やそう。

 

みなさんが子育ての中で手放したいことはなんですか?

手放そう、と決めた後で一呼吸。自分の気持ちや行動をちょっと客観的に見ることで、自然と新しい視点が生まれるかもしれません。

 


 

HN:koma
koma1

<プロフィール>

夫と2人の息子(小学生と幼稚園)と暮らしています。

大学卒業後、東京で地域や旅の記事を書いたり、小さな会社のサポートに関わったりしたのち、地方都市に住む現在は子育て中心の生活をしながら、自分にとって心地よいシゴトと暮らしを模索中。

新しい土地を訪れて人や土地との関係を紡いだり、わくわくしている人の話を聞くのが大好きです。

「こころ♪生きる♪くらし♪」運営部
『私たちの等身大から生きる、現在進行形の暮らし。』

「こころ♪生きる♪くらし♪」は、 自分の「こころ」を満たしながら、 等身大の自分自身から、社会の役に立って「生きる」。 受け継がれてきた日本の美しさや豊かさを現代的にアレンジして「くらし」ていく。 そんなコンセプトで、体現されている人を紹介したり、ヒントをシェアしているサイトです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)