toggle
2017-01-06

【Report】【amiami会】バラたわしを編もう♪ in京都

こんにちは。手編み靴下推進委員会の久美恵です。
2017年♪どのように迎えられましたか?
私は年末年始もamiami三昧でした♡冬は編み物がはかどりますねー!

12月29日は、大好きな京都で♡リノベーションされた町家の2階をお借りして
バラたわしamiami会を開催いたしました。

横浜と比べると、ぐぅっと身体に染み入るような寒さ!
でも、町家の中はストーブの温もりにも助けられて、じんわりあったか♡
今回の参加者さんは、おふたりとも編み物初心者さん。

かぎ針の持ち方、毛糸玉からどうやって毛糸を引き出すか、どのように毛糸を手にかけるか…
ひとつづつ、言葉にしながら始めます。
くさり編み、こま編み、長編み。

かぎ針に、思うように毛糸がかからなくてもどかしい様子の参加者さん!がんばって~!!

img_1153

つい、かぎ針を持つ右手(利き手)に集中してしまいますが、
実は毛糸をかけている左手が大切な役割を果たしていて、
毛糸を引っ張る力加減で編み目の大きさを調整しています。

編み目が小さくキツくなると、かぎ針がとおりにくくなって編みづらくなりますし、
編み目がユルく大きくなると全体のカタチが整いにくくなります。
両手の力加減や角度、バランスで編みすすめてゆくのです。

初めての編み物に集中する参加者さんの姿。

 img_1152 img_1155

なんてひたむきで可愛いんだろう~!と、コッソリときめいていました♡
きゅっ!と集中した後は、しあわせなおやつの時間です。
今回は、円卓(entaku)さまにお菓子をおつくりいただきました!

豆乳プリン(ゆず入りのフルーツソースが絶品!)・ガトーショコラ(しっとり~♡)・甘酒スコーン(きめ細かく、深みのある味)
こころもからだも、じんわりゆるむ美味しさでした。

 unnamed-2

ひといき入れたあとは、葉っぱを編んで仕上げ方をご覧いただいて。
バラの花びらの続きを編みます♪

会の中での編みあがりには至りませんでしたが、お持ち帰りいただいてからもメールをやりとりしながらamiamiは続いております♪
ご参加ありがとうございました♡

img_1158

無題-150x150

久美恵

主婦。横浜市在住。

Facebookページアドレスhttps://m.facebook.com/amiamiotanoshimi

専門学校桑沢デザイン研究所総合デザイン科卒。/演劇養成所を経て、同期で劇団を旗揚げ(現在は解散)。舞台役者として活動する傍ら、チラシ・チケット・パンフレット等の宣伝美術を手がける。/2011年初夏、夫の転勤に伴い山形へ移住(~2015年春)。編み物講師から手ほどきを受けたことをきっかけに、かぎ針編み・棒針編みの作品づくりを始める。アクリル毛糸で編む『バラたわし』を、イベント出展・リピーターのお客様からの受注製作にて販売。/手編み靴下推進委員会として、「くらしを編む。わたしを編む。」をテーマに、手編み体験イベント『amiami会』を企画・開催中。

 

「こころ♪生きる♪くらし♪」運営部
『私たちの等身大から生きる、現在進行形の暮らし。』

「こころ♪生きる♪くらし♪」は、 自分の「こころ」を満たしながら、 等身大の自分自身から、社会の役に立って「生きる」。 受け継がれてきた日本の美しさや豊かさを現代的にアレンジして「くらし」ていく。 そんなコンセプトで、体現されている人を紹介したり、ヒントをシェアしているサイトです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)