toggle
2016-12-29

『芯から美しい女性であるためにVol.1』~冷え対策。あたためる、ゆるめる。~

はじめまして。窪田優香と申します。

私は現在、化粧品メーカーの美容部員として勤務しています。
多くの女性の肌、ライフスタイルに触れていくうちに、「肌・心・体はひとつである」と感じるようになりました。
私自身の経験もふまえながら、健康であり内側から輝く美しさについてお伝えしています。

今回、ご縁をいただきまして、「冬の冷え対策・乾燥対策・あとひとつ自由に(お楽しみに♡)」というテーマで寄稿させていただくことになりました。
さて、みなさん、どんな冬をお過ごしでしょうか?一年を終え、新しい一年を迎える時でもあるこの季節。温めることについてお伝えしていきます。

女性の冷え

女性は男性に比べ、体が冷えやすいです。
冷えは万病の元。美容の面でも、うれしくないことが多いのです。

体温の低下による免疫力の低下、血行が悪いので肌がくすみやすくなり、ターンオーバーも低下しやすくなります。あとは、動きたくなくなる、など(笑)。
そういう私も、実はとっても冷えやすいのです。お風呂に入るとき、つま先がじんじんしたり、手が冷たいことがしょっちゅうだったり・・・。でも去年の自分と比べると、確実に冷えの度合いや、そう感じることが減りました。

雪女(笑)になる前に、チークだけに頼らない、血色美人、一緒にめざしませんか?

あたためて、ゆるめる

それでは、お気に入りのあたため方法、ご紹介していきます♪

<足の裏マッサージ>

お風呂で湯船に入っているときに行います。簡単で、2分でできます!
足の裏を、足の指一本一本から踵まで、親指で揉みほぐします。片足1分間目安。わたしは少し強めが好きなので、親指の第一関節でほぐしています。足の裏は反射区。ごりごりしたりするところを調べてみると、お疲れポイントが分かるかもしれません。

足の指と、手の指を握手しましょう。指の間同士を押すような感じで。特にパンプスなど、指先が固定されがちな靴をよく履く方には、是非やって頂きたいです。

これをやるかやらないかで、湯冷めの仕方が違います。半身浴15分以上と一緒にやるのがさらにおすすめ。一日中、自分を支えてくれている足の裏。お疲れ様♡の気持ちを込めて、ぜひ試してみてください。

<白湯を飲む>

朝、起きがけに白湯を飲みましょう。自分の体に、朝一番にあたたかいものを与えます。体におはよう、ですね。
お茶でもいいかな?と飲んでいた時もありましたが、朝の白湯は、温めてくれるだけでなく、体の毒素を流してくれる作用もあるので、おすすめです。

img_3743
お気に入りのマグたち♡

<心から渡す>

ハートから、相手に渡しましょう。
なんでもいいのです。
お茶碗を家族に、お客様に品物を、気持ちのこもった言葉を相手に…。
心から渡しているかどうかは、必ず相手に伝わります。
それは、受け取った人の心を温めます。
そしてなによりも、それを積み重ねてゆくことで、あなたの心が温かくなります。

不思議と、それだけでほんとうに、体が温かくなることがあるのです。
なんでもないことだからこそ、今この瞬間を温められます。ウソだぁ、と思ったら、ぜひお試しあれ。

体をあたためると、心もゆるまります。温めながら、冬の季節を楽しみましょう♡


<自己紹介>

14816454411321

埼玉県在住。
人材業界に就職後、学生の頃からの、女性をきれいにしたい、という思いを実現するため、
化粧品メーカーの美容部員に転職。スキンケアの力を実感する。
年間1000名以上の女性の肌を見ていくなかで、「肌・心・体はひとつである」と確信。
表面だけの美しさでなく、健康であり内側から輝く美しさを伝える。神社とカフェが好き。
blog:http://s.ameblo.jp/fleurgrace/

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です