toggle
2016-11-29

【装う】(再UP)何のための洋服?誰のためのオシャレ?

こんにちは♪運営部の大村です(#^^#)  今回は、「恋愛における洋服の役割」について書きたいと思います。よろしくお願いします♪

 

▼何のための洋服??


さて。あなたはなぜ、洋服を着ますか?

いま!あなたが来ているその洋服は、なんのために着ていますか?「そんなこと…。洋服は着るものでしょ!裸じゃ外を歩けないじゃない!」って感じですよね(#^^#)笑。でもね、1度、「洋服の意味」について考えてみることはとっても大切☆だって、洋服は、あなたの人生を変えてしまうチカラを持っているのだから。

洋服の意味について考えるには学校の制服を例にしてみると分かりやすいかもしれません。(仕事の制服でもいいのですが。)制服は、「○○学校の生徒ですよ。」という自覚を促し、また、他者に対してもその認識を促す役割を担っています。

つまり、洋服とは「自分が何者であるか」を、自分と他者へ知らしめるツールなのです。

そう考えると、適当な服を着られなくなりませんか?洋服1つで、「自分が何者であるか」を決められてしまうのですから。安っぽい洋服を着ていれば、「わたしは安っぽい存在です。」ということになりますし、よれよれのスーツを着ていれば「わたしは疲れたオフィスワーカーです。」と名乗っているのと同じです。

世間に対してのみならず、自分に対しても「わたしは安っぽい」「わたしは疲れたオフィスワーカー」と着ている間中ずぅーっと暗示をかけているようなもの。暗示にかかると、存在そのものが安っぽくなってしまったり、存在そのものが疲れてくたびれた感じになってしまったりするのです。洋服の役割は、なかなか侮れないのです☆

 

▼女性はみんな、孔雀なの♪♪


また、今回記事を書くにあたって「装う意味」について考えていたら、孔雀のイメージが浮かびました。美しさによって、求愛をする動物は少なくありません。人間だって、動物です。美しく装うことで、異性に対してポジティブなメッセージを送ることは、とても大切なこと。

自分のことを書くのは少し恥ずかしいのですが、大学生の頃までは、「カジュアル&原宿系」の洋服が好きでした。(ロリータではなく、やたらと重ね着してました。)ところが、ある女友達がわたしの人生を変えたのです(#^^#)

「真帆ちゃんは、絶対コンサバ!」と言い出したと思ったら、デパートへ私を連れていき「とにかく試着しろ☆」と、コンサバ(王道女子アナファッション)系の洋服を次々と手渡され、私自身はよくわからないままに購入(笑)。

その出来事がきっかけとなり、カジュアルな服が減り、コンサバな洋服が増えていくにつれ…

道端で男性に声をかけられたり、やたら優しくされたり、オトコ友達と電話をしていたら、「男の間で大村さんが可愛いって話がよく出る」なんて言われるようになったのです( ゚□゚)!!元カレと久々に再開して食事をしたあと、「真帆ステキになっててびっくりした(^^♪!」ってメールがきたり…。

選ぶ洋服のジャンルを変えただけなのに、嘘でしょ!?というくらい。

いま考えてみると、コンサバ系の服を着ることで「私は女性・わたしは可愛い」という自己暗示をかけていたのだと思います。そして、他者(男性)に対しても「私は女性・わたしは可愛い存在です!」というメッセージを送っていたのだと思います。

オンナらしい洋服は、間違いなく恋を呼ぶのですね☆☆★強引に(?)コンサバ指定してくれた友人に、本当感謝です…(#^^#)

%e3%81%8a%e6%b4%8b%e6%9c%8d%e2%98%86

▼誰のためのオシャレ??


昨今「自分を愛せよ!」というメッセージが声高に叫ばれています。「自分にごほうび」とか、「自分への感謝の気持ち」とかは、雑誌などでよく見かけるフレーズです。

そんな大切な自分に送る、洋服という自己暗示は、ぜひともポジティブなメッセージを持ったものがいいですよね(#^^#)せっかくだから「わたしは可愛い」とか「わたしはsexy」とか「わたしはクールだけど色気がある(上級!)」とか♪

そうやってポジティブな自己暗示をかけることは、自分を愛する技法の1つです。

でもね。オシャレって、対象があって始めて成り立つことだと思うのです。「おしゃれ」を広辞苑で引いてみると「その場に応じた適切な判断に基づいて、身なりや化粧をしようとつとめること」と出てきます。

周りのことを考えた前提があっての装い=オシャレ。ということですね。

人間は、自我があるから服を着ます。裸では外を歩けないのは、自我があるから。つまり、「私と相対する、他者」という存在を意識しているから、裸で外を歩けないのです。

飲食店で勤める際には、清潔感が欠かせません。清潔に装うことは、「あなたを大切に思って、おもてなししますよ」というメッセージを発しています。また、花嫁衣裳の白い色は、「あなた色に染まりますよ」というメッセージを発しているのです。

このように、オシャレすることは、自分をとりまく世界に対するメッセージなのです。

 

道端に美しい花が咲いていたら、すこし、心が元気になりませんか?恋愛においては、女性が美しく装うことは、彼氏や夫を元気にするチカラがあるのです(#^^#)「あなたを想って美しく咲いていますよ。」という無言のメッセージ。たとえ口べたであっても、身ぎれいにしていたら、それは立派な愛情表現になるということです☆☆☆

 

あなたはいま、どんな服を着ていますか?それは、自分にどんな自己暗示をかけていますか?そして、その服で、あなたは世界に対してどんなメッセージを発しているでしょうか?

先にも書きましたが、洋服はあなたの人生を変えるチカラを持っています(#^^#) いのち短かし☆オシャレせよ乙女♪

 

お読み下さりありがとうございます♪

*********

■この記事の筆者

大村真帆

岐阜県在住。趣味は女性の幸せと男心の探求☆ 今の世の中って、つきつめるとちょっと不自然なあり方なのかなって思っています。 生きる為に働くというより、働くために生きているみたいで。 これからは、戦前・戦後それぞれの日本の良さをバランス良く取り入れる生き方をしたいな。 と思っています。心を主軸に。それが「ていねいな暮らし」に繋がるんじゃないかと。 サイトを見て下さる方の幸せスイッチ♪をポチっと押せる情報を発信したいです。 よろしくお願いします(#^^#)

「こころ♪生きる♪くらし♪」運営部
『私たちの等身大から生きる、現在進行形の暮らし。』

「こころ♪生きる♪くらし♪」は、 自分の「こころ」を満たしながら、 等身大の自分自身から、社会の役に立って「生きる」。 受け継がれてきた日本の美しさや豊かさを現代的にアレンジして「くらし」ていく。 そんなコンセプトで、体現されている人を紹介したり、ヒントをシェアしているサイトです。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)