【開催報告】手編み靴下を編もうプレ告知&バラたわしを編もう♪レポート

こんにちは♪手編み靴下推進委員会です。
「手編み靴下を編もう♪」amiami会のプレ告知をさせていただきます☆
秋の初めに、手編み靴下を編み始めませんか?
ひと目ひと目、楽しみながら編んでいけば、きっと冬には完成できます♪
真冬の冷え込みからあなたの足先をぬくぬく守る、暖かな靴下を、一緒に編みましょう(^u^)
今回の会場は、横浜のほっこり♪やさしい時間の流れるカフェです
「手編み靴下を編もう♪」
【日時】2016年10月11日(火)13:00~16:00
【場所】横浜市内のカフェ
【参加費】1,000円
※この他、お茶・ケーキ代をおひとりづつ頂戴します。
【定員】4名(予定)
※【お申し込み開始日】9月17日(土)
募集詳細は、後日改めてご案内いたします。
ご参加を検討していただけたら、嬉しいです♪

続いて、「バラたわしを編もう♪」レポートです。

9月4日…台風の合間、穏やかに晴れた土曜日の午後。バラたわしamiami会を開催しました♪

まずは、毛糸玉から毛糸のはじっこをひっぱりだすところから…

unnamed

unnamed-1
はじめは、みんなで一緒に、かぎ針と毛糸の持ち方・くさり編み、こま編みなど、
バラたわしを編むために必要な編み目の編み方を、ひとつづつ練習しました。
かぎ針編みは、編み針一本で編みますが、実は、かぎ針を持っていない方の手が大切。
右手に持ったかぎ針が編みすすめやすいように、左手の指にかけた毛糸にかかる力加減を
調節したり、かぎ針が毛糸の穴を通りやすいように角度をつけたりしながら、サポートします。
慣れるまでは、ちょっと混乱…(^_^;)
でも、時々いい感じにできるとうれしい♪
unnamed-2
次は、編み図(記号で編み目を表した、バラたわしの設計図、のようなもの。)を見ながら
葉っぱのパーツを編みます。
まるで暗号のような編み目記号をひとつほとつ読み解きながら、
ひと目ひと目あんでいきます。
ギュッと集中した後は、お茶とお菓子でほっとひと息♪
unnamed-3
編み物は、下を向いて手元に集中するので、首や肩がコリます。
ハッ!と気づいてぐるぐる回すのも大切。
おやつと、楽しいおしゃべりの後は、バラの花を編みます。
再び、暗号(編み目記号)を解読!
だんだんと、手の中にバラの花びらが生まれます。
同じ毛糸で、同じ編み目を編んでゆくのに、三者三様、違った大きさ・ふんわり感の
バラの花になってゆきます。
​それは、ひとりひとり手の大きさや指の長さ、力の加減が違うから。
ひとの手によって出来上がりが違って、それぞれの手にピタリと合う大きさになるのです。
自分で使うものを、自分の手で編むのっていいなぁ、と、しみじみと思いました。
最後に、バラの花と葉っぱのパーツのとめ方を実演して、会はおしまいです♪
unnamed-4
おかげさまで、穏やかな集中とともに
ひと目ひと目編み進む実感を味わう、よい時間となりました。
ありがとうございました。
(手編み靴下推進委員会・藤野 久美恵)
「こころ♪生きる♪くらし♪」運営部
『私たちの等身大から生きる、現在進行形の暮らし。』

「こころ♪生きる♪くらし♪」は、 自分の「こころ」を満たしながら、 等身大の自分自身から、社会の役に立って「生きる」。 受け継がれてきた日本の美しさや豊かさを現代的にアレンジして「くらし」ていく。 そんなコンセプトで、体現されている人を紹介したり、ヒントをシェアしているサイトです。

ご感想はこちらから。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)