toggle
2016-06-20

💛コラム①【KOKOROの詩(うた)】~絶望と希望とわたしと~

▼「私の誕生日会をして!」って恥ずかしがらずに言って本当によかったハナシ。


こんにちは♪  運営部の大村です(*^_^*)わたくしごとですが、今月、30歳の誕生日を迎えました。

誕生日当日、友人がお誕生日会をひらいてくれたのですが、そのお誕生日会はわたしが自分でリクエストしたものでした。「私の誕生日会をして欲しい。」だなんて、厚かましいし、相手に負担になったらヤだな。など、悩んだのですが…。

どうしても、して欲しかった。 元気を出したくて、自分ひとりのチカラでは、なかなか自分を立て直せないくらいに、こころも身体も傷んでしまって。友達・仲間のありがたさを、とても感じた時間でした。

 

▼こころには、「絶望」と「希望」が同居している


最近、こころの強い人と弱い人の違いってなんだろう。。。ということをよく考えます。わたしなりの答えですが、それは、「希望を見るチカラの強さのちがい」。

自分ひとりで希望を見続けるのが難しくなったら、希望を見ている友人・知人に頼っていいんだと思います。弱っている人は、ひとりになったらダメ。

このWEBサイトが、誰かの「こころ」に温かい灯を灯せるものでありますように。

 

▼【KOKOROの詩】

*「詩」だなんて、くさいしダサいし流行らない。だけど、人間は昔から俳句を詠み、詩をつくり、ときにはそれにメロディーをつけ、こころを慰め愛を伝え合い、勇気を奮い立たせてきた生き物。

上手くないのは分かっているし、恥ずかしくもあるけれど。誰かに、届いたらいいな。

****

「絶望と希望とわたしと」

 

絶望しそうになった。

心の中で、何かが、「もうダメかも」とつぶやいた。

もう1つの何かが、「何がダメなの?」とつぶやいた。

 

はて(゚ ゚ )?何がダメなんだろう。

 

「今できること」1つもなくなった?ほんとに1つもなくなった??

いんや。いっぱいあるみたい。

手が動く 足が動く。

目が見える 耳が聞こえる。

 

明るい音楽をかけてみよう。食器を洗おう。お風呂にゆっくり浸かってみよう。やってみたら、すこしだけ、元気が出た。

誰も知らない町へ来て、ひとりで奮闘している私のことを、人は「タフだね」って言ってくれる。「すごいね」って言ってくれる。 「私は、あなたみたいに生きられない」って言われたこともある。

 

でもね、私の日々は、余裕しゃくしゃくなんかじゃない。

みらいに向けて、希望の糸を紡いで織りなす。細い、細い糸だとしても。紡いで紡いでいくうちに。素敵な織物ができるでしょう。むやみに、それを信じているだけ。

 

明るい音楽をかけてみること。食器を洗ってみること。お風呂にゆっくり浸かってみること。

誰にだって、できること。だからね、きっと、大丈夫。 

どちらかというと恰好悪い日々の中で、私は希望の糸を紡いでいます。トライ&エラー!失敗は、また挑戦する限りは許されるから。ドン☆といこう♪

 

疲れたら、休んで。休んだら、また歩く。んでまた疲れたら、一休みして歩き出す。時代の変化が年々早くなっているから、すこしだけ、早歩きを意識して。 

2・3年後の未来の私が、今の私に「頑張ったね!」って言えるように。

2・3年後の未来の私たちが、「私たち、頑張ったよね💛」って言えるように。

 

*****

らぶ。@お誕生日会。

お読みくださりありがとうございます(#^^#)☆

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です