toggle
2016-06-05

●雨の日のおすすめfrom北海道:林夏子

こんにちは☆運営部の林夏子です。今回のテーマは「梅雨の時期のおすすめ」についてお届けしていきます!

余談ですが、北海道は梅雨がないらしい!?と小耳に挟んだ今日この頃です。

【梅雨時のおすすめ:本を眺める】


natsuko1

“読む”のではなく“眺める”のがポイントです!

美しい写真や色合いのある本を選び、ぼんやり眺めると五感が刺激されて、何だか心が躍ります。

上の写真のものは2011年のオノ・ヨーコさんの個展「希望の路」で購入したブックです。

有名な「imagine」(想像しなさい)「dream」(夢を見なさい)など彼女(達)のアートワークが載っています。眺めるだけでも面白い本です。

natsuko2

(上の写真左)最近は登山雑誌を購入し、山の美しい写真を見ているだけで山の空気を楽しめます。雨で登山できない時など見ると、雨が上がった時にまた山に行こうとわくわくさせてくれます。山登りをしない人でも凄く転地したような気分になれるのでおススメです。

(上の写真右)京都の菜食料理教室の料理本です。京都の美しい四季の写真と季節に沿った野菜のお料理が紹介されている本当に美しい料理本。丁寧に暮らすこと・四季の美しさと大切さが伝わってきます。雨の日にレシピ通りに作るお料理も美味しいですが、最近私はこの本の写真たち(料理の写真も美しい&美味しそう!)が好きすぎて眺める用になってしまっています!


【梅雨時のおすすめ:編み物】


natuko3

お天気も場所も選ばない、どこでもいつでもできる編み物!おススメです。

一つ一つを編まないと出来上がらない・早道はない編み物は何だか人生と同じだな~とよく思います。一人で編んでも誰かと編んでも楽しめるし、没頭するとあっという間に時間も過ぎています。手仕事の凄さと深さも感じられます。

これから新たに籠バックや帽子を作ってみようかな、と思っています。

 

自分らしく梅雨の時期を楽しく過ごして夏を待ちたいですね!

次回更新は、6月20日○(満月)です。

 


林夏子

natuko2-150x150

京都在住後この春より北海道移住。
暮らし方や生き方、考え方がその人自身や環境を創っているな、と日々感じます。暮らしという誰もが営む身近なことを題材に誰にとってもこのサイトが少しでも何かの発見につながって自分らしい豊かさにつながっていくといいなぁという気持ちでできることを真心こめてやっていきます。宜しくお願いします。

「こころ♪生きる♪くらし♪」運営部
『私たちの等身大から生きる、現在進行形の暮らし。』

「こころ♪生きる♪くらし♪」は、 自分の「こころ」を満たしながら、 等身大の自分自身から、社会の役に立って「生きる」。 受け継がれてきた日本の美しさや豊かさを現代的にアレンジして「くらし」ていく。 そんなコンセプトで、体現されている人を紹介したり、ヒントをシェアしているサイトです。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)