No Title

応援してくださっている方へ

こんにちは。

色々と考える事があり、もうこのような水面下の状態でのやりとりについては、非常に非生産的でしかないため、私の個人の意思としてはけじめをつけさせていただきたいと思っております。そこで、今までのやりとりの中でお伝えしていなかったことを適切にお伝えさせて頂く機会を賜れればと思いこの記事を書くにいたりました。

長文とはなりますが、応援のお気持ちをお寄せてくださっている方であるのであれば、お目通しいただけますと幸いです。

○頂くアドバイスについて感じていること

多くの方からアドバイスなどをいただくことに対して、ありがたい気持ちと困惑の気持ち、正直言って少し迷惑に感じる気持ちが入り混じっております。

何故ならば、いただくアドバイスの前提が誤解や噂に根ざしているものである場合、私の意図を理解していないことによる齟齬、なども非常に多いからです。

失礼を承知ではありますが、具体例を示して説明させてください。

例えば、「facebookグループでは自己紹介をきちんとしなさい」、という指摘があったとします。けれども、私はそのコミュニティの人と積極的に繋がりたいとう意図がないため「あえて」自己紹介をしませんでした。そして自己紹介をしていないという事実のみを見て、それをしないのは有意義ではないと一方的に指摘をされたことがあります。

しかし、自分の意図をかくと、講座を主催している方に失礼であるため全てを黙っていました。

また、レザーのジャケットを着ていると中二病だ、なんて短絡的な解釈をして服装に口出してくる。レザージャケットには綺麗目なものはいくらでもありますし、ワンピースなどに合わせるとかえって可愛いと思います。

例えば、アレルギーについても、どうしても右手の中指が肌荒れしてしまうことが治りませんでした。普段なら病院やケミカルなものには一切頼りませんが、むしろ、そのような態度がバランスが取れていない態度であったのではないか?試して見ないとわからないのではないか?と思い、試して見たところ、ケミカルなものをいつも使っているような人だという認識をされているようでした。

給与額を嘘をついている、という主張をされたときも、メールで授受している以外の給与明細もあり、そちらと合算すれば自分の主張通りの金額であるのに、なぜ部分だけを捉えて、勝手に嘘をついているという判断をするのだろうか?と思いました。

また、カードの明細などについても、個人的な購買以外に、銀座こころで必要な物品の購買もかなり行っております。そのような購買の事実は事実です。しかし、それを私が私のために行っているというように捉えることは真実でありません。

また、校正を学びたいと思い講座を探してみると、マイナーな技能であるため開講しているものは非常に少なかったです。そこで、数少ない講座の一つが宣伝会議が主催だったんです。それで受講の申し込みをしてみれば、宣伝会議は微妙だという指摘がきます。大変失礼な物言いですが、宣伝会議が微妙だなんて私も理解しており、やや不当に高いように感じるけれど、校正が知りたいから受講してみようかなと思いました。

あるいは、「ライターさんの書きたいものを書いてもらう、ということがライターさんの満足に繋がります」というアドバイスをいただいたとしても、そもそも、ライターさんに書きたいテーマで書いていただいているし、こちらからテーマを投げかけたとしても押し付けるようなことはなく、むしろそのチャレンジを楽しんでくださっていると認識しています。そういったアドバイスは必要がないためスルーしています。しかしその内容に喜ばないと、教えても意味のない人だ、という理解になるようでした。

…いや、だったらそう伝え返してください、とおっしゃるかもしれません。しかし、このようなこと理由を全て説明が必要でしょうか?多くの方から発信をしていただいておりますので、否定するだけで日が暮れてしまうと思います。

そしてこのようなことをお伝え返さなかったとしても、自分のこころや頭で色々なことを考えます。それについても非常にエネルギーの無駄遣いであると感じています。

もちろん、個人宛てにいただいているご指摘であれば、それは違いますとお伝え返すことはしますが、不特定多数宛てのものであっても同様な対処が必要だと皆さんは仰るのでしょうか?

○発信したのにお礼がない について

「発信をしてあげているのに、お礼がない、失礼だ」という指摘を伺うたびに私は疑問に感じていました。

誰かのために発信したのだから、その返礼があったら嬉しい。という気持ちは理解しています。そして、もちろん皆様が発信してくださることに感謝をしております。

けれども、それが私にとって有益か、いまの自分にあうか?という視点とはまた別の問題であると捉えています。また、先にあげたように、誤解や曲解に根ざしたアドバイスも多く全く的外れなものも多いように感じています。

そもそも、私宛てではなくてあくまでも不特定多数に対しての発信をしているんだと思うんです。不特定多数への発信であるならば、それに対して受け取るか受け取らないかは自由であると考えます。

そして、返事やお礼が欲しいというのであれば、例えば私に対する誤解や曲解なので批判した内容について、私に直接謝罪をしてくださいと私が主張しても受け入れてくださるということでしょうか?

きっと、それはあくまでも不特定多数に対する発信であり、個人に向けた内容ではないから謝る必要はないんだ、と主張される方がほとんどかと思います。

一般的な考え方はわかりませんが、個人的には非常に公平性の取れていない主張をされていると感じております。

○不正にアクセスして取得した個人情報について

不正にアクセスして取得した個人情報、メールのやりとり、暮らしの内容を取得し、そして多くの方の目に触れる場所に掲載する方については、どんなに甘く見積もったとしても犯罪行為でしかない、という風に捉えております。

また、その情報を晒す方のみならず、不正アクセスの結果の情報であるということが分かりつつも、なんの疑問も感じずに面白く閲覧することができる人が非常に多いことについて、遺憾に感じております。

閲覧しているだけであっとしても、その犯罪行為に大なり小なり加担しているのだ、というようにしか私は捉えられません。また、そのような情報を削除などを行うことをせずに、平気で掲載し続けるというような対応も私の感覚では理解に苦しみます。

…もちろん、自分自身のセキュリティに関する意識の甘さやゆるさが招いた事態であるという認識は持っております。

○非公開コミュニティの存在について

他ならぬ、このコミュニティの管理者がコミュニティの性質や方向付けを作ったと捉えております。

例えば、私の情報を取得し、集めてくる。
私へのアドバイス、批判を強い口調を含めて行う。
過度な煽りなどを行う。と言ったようなことです。

コミュニティがこのような形で形成されてしまい、犯罪行為を呼び込むまでの事態に発展してしまったという事実については、深く受け止めていただければと思います。

もちろん、私自身がそれをゆるしていたということが、そもそもこのような事態を招く結果となったのだと思います。

なので、一方的に責める気はないですが、今後別のコミュニティ運営などをされる際には同じような過ちを繰り返していただきたくはありませんので、認識だけはしていただきたいと思いお伝えしておきます。

…続きます。

ご感想はこちらから。

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)